子供靴はジップロックを使えば簡単に洗える?洗剤は何を使う?

掃除
この記事は約10分で読めます。

子供の靴ってすぐに汚れますよね。

公園へ行っただけで砂や泥だらけになってしまうし、そのたびに洗うのもなかなか大変ですよね。

今回は、靴の洗い方を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

靴を洗うときの洗剤は何を使えばいい?

子供がよく履くスニーカー。

洗うための洗剤は、中性洗剤です。

靴用ではなくても、衣服用の洗剤で洗って大丈夫です。

衣服用に抵抗のある方は、靴用の洗剤もありますよ。

子供の靴の洗い方って?

まず、通常の靴の洗い方を紹介します。

今回は、スニーカーの洗い方です。

革やスエードなどの特殊な生地を使った靴の場合は、洗い方が違いますので注意!

用意するもの

  • 中性洗剤
  • 靴用のブラシ
  • バケツなど靴が浸かる容器

①砂まみれなどの場合は、乾いている状態で泥や砂を落とします。

➁中敷きを抜き取り、ひも付きの靴は紐も取りましょう。

➂バケツなどに40℃程度のお湯を入れ、中性洗剤も入れます。紐も中敷きも一緒に入れましょう。

その中に靴を入れ、15分程度浸け置きします。

④お湯で一度洗い流し、中性洗剤をブラシに付け、ブラシで擦ります。

⑤汚れが落ちたら、全体を洗い流します。

⑥靴用のハンガーなどを使い、直射日光が当たらない、風通しの良いところに干して完了です。

※直射日光に当てた方が乾くのは早いのですが、色褪せの原因になります。

天気が悪い場合は、布団乾燥機などを使って乾かしましょう。

ジップロックを使った、子供靴の洗い方

次は、ジップロックを使った子供靴の洗い方です。

ジップロックに入れることによって、靴が浮いてくることを防ぎ、靴全体に洗剤を染み込ませることが出来ます。

用意するもの

  • 中性洗剤
  • 靴が入るサイズのジップロックなどのジッパー付きの袋
  • 靴用のブラシ

①砂まみれなどの場合は、乾いている状態で泥や砂を落とします。

➁中敷きを抜き取り、ひも付きの靴は紐も取りましょう。

➂ジッパー付きの袋に40℃程度のお湯と中性洗剤を入れます。

④しばらくつけ置きします。

⑤袋の上から揉み洗いをして、頑固な汚れはブラシで擦り、その後全体をお湯ですすぎます。

⑥靴用のハンガーなどを使い、直射日光の当たらない、風通しの良いところに干して完了です。

先程の洗い方と違う点と言えば、バケツに入れるか、ジッパー付きのに入れるかです。

バケツに入れてもいいのですが、ジッパー付きの袋に入れることによって、靴が浮き上がってこないので、全体に洗剤が染み込み、より汚れが落ちやすくなるんです。

是非試してみてくださいね!

それでも洗うのが面倒な時は、レンタルがオススメ

それでも靴を洗うのって、やっぱり面倒ですよね。

子供がいると、なかなか靴を洗う時間がない!

それに、洗ってもすぐに汚されてしまう。。

そんな時は、靴のレンタルKutoonがおすすめです。

子供靴はもう洗わない – 子供靴のサブスク【Kutoon】

Kutoonは、汚れた靴もそのまま返却出来るので、洗う手間が省けるんです!

泥だらけになっても、洗わずにそのまま返却OK!!

めちゃくちゃありがたい!!

それに、子供の靴はすぐにサイズアウトしてしまうので、靴を沢山買うのを躊躇しがちですが、Kutoonのレンタルなら12~18cmのサイズの中から好きな靴を選べます。

その為、いつでも子供の足のサイズに合わせてレンタル可能です。

靴をたくさん買わなくても、お洒落も楽しめ、一石二鳥です。

特に女の子はお洒落するのが好きなので、色んな靴を選べるのは嬉しいですよね!

子供靴のサブスク【Kutoon】

まとめ

靴を洗う時は、中性洗剤で洗いましょう。

靴を洗うのは面倒ですが、靴が綺麗だと気持ちもよくなりますよね。

レンタルだと洗う手間もなく、色々な靴を楽しめますよ。

是非試してみてくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
掃除
スポンサーリンク
ななのをフォローする
ゆる育ライフ
タイトルとURLをコピーしました