押し花の作り方は?小学生でも簡単につくれる?

実験
この記事は約8分で読めます。

先日小学生の息子から、お花をもらいました。

お花って嬉しいけど、すぐに枯れてしまうので、押し花にすることに。

息子と一緒に作ってみましたよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

押し花を作るのに必要な材料

必要な材料はこちら

  • 生花
  • 花を挟むための新聞紙や漫画や雑誌
  • ティッシュ(押し花用の乾燥シート)
  • ハサミ

ほぼ、家にある材料で作ることができますよ。

ティッシュでも大丈夫ですが、綺麗に仕上げたい場合は、押し花用の乾燥シートを使うと、綺麗に仕上がりやすいそうです。

お花は綺麗に咲いている花を使うと、上手に仕上がりやすいですよ。

押し花の作り方

①まず、お花の茎などいらない部分をハサミで切ります。

茎がそのままでも良いのなら、切らなくても大丈夫です。

②新聞紙の上にティッシュを乗せて、その上に花を乗せます。

③花びらが重ならないように気を付けながら、ティッシュを被せます。

④その上に重みのある本などを置き、一週間ほど放置します。

厚みのある花だと二週間ほどかかる花もあるので、たまに乾いているかチェックして、ティッシュを変えると良いですよ。

⑤完全に乾燥したら、ティッシュから花をはがします。

この時、薄い花だと花びらが破けてしまうので、優しくゆっくり剥がして下さいね。

押し花の栞の作り方

栞などにする場合は、100均などに売ってるセルフラミネートを使うといいですよ。

セルフラミネートはシールになってるので、押し花を乗せて上からシールを貼るだけでできます。

シールを貼るときに、なるべく空気が入らないようにすると、綺麗に仕上がります。

今回は、2つ作ってみました!

右側は空気が結構入ってしまいましたが、子供が一生懸命作ったので、よしとします。

定規などで、空気を押し出しながらくっつけるといいかもしれません。

時間をかけずに押し花を作る方法は無いの?

1~2週間も待てない!すぐに押し花を作りたい!

そんな時は、アイロンを使って作ることも出来ます。

①アイロン台の上にティッシュ、その上に花、更にティッシュを重ねます。

②まず、低温で30秒。乾燥しきれてなければ、様子を見ながら数秒づつアイロンがけしていきます。

③乾燥しきったら完成です。

まとめ

子供でも簡単に作れる押し花。

お花を出来るだけ早く水分を抜いて乾燥させると、綺麗に仕上がります。

ラミネートした押し花を、額などに入れても可愛いですよね。

親子で楽しめるので試してみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
実験手作り
スポンサーリンク
ななのをフォローする
ゆる育ライフ
タイトルとURLをコピーしました