アイロンに当て布をしてラミネート。機械なしでも簡単に!

100均
この記事は約6分で読めます。

ラミネートしたいけど機械がなくて、今までなんちゃってラミネートで乗り切っていました。

しかし、調べてみると機械がなくても家庭用のアイロンがラミネーターの代わりになるみたいなんです。

早速ラミネートしてみました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アイロンでラミネートする為に必要な物

  • アイロン
  • ラミネートフィルム
  • クッキングシート(又はハンカチなど)
  • アイロン台

アイロンがなければ、ヘアアイロンでも代用できます

ラミネートフィルムとクッキングシートは100均で売っていますよ!

私は、キャン★ドゥでラミネートフィルムを購入しました。

クッキングシートは買い忘れたので、ハンカチで代用します。

ハンカチでなくても、薄めの布なら代用できると思います

アイロンでラミネートする方法

今回は、本に挟むしおりを作ろうと思います。

ラミネートフィルムがA4サイズだったので、ハサミで小さく切りました。

まず、ラミネートフィルムの間に挟みたい紙などを置きます。

この時に、埃がゴミが入らないように注意です。

何回か作ってみたのですが、ゴミがついてるのを気にせずにラミネートしてみると、見事に埃が入ってしまったので。。。

こうならないように注意!

次にクッキングシートやハンカチなどで当て布をします。

当て布の上からアイロンがけをしますが、アイロンの温度は熱すぎるとラミネートフィルムが溶けてしまうので、温度は弱がオススメです。

温度が低すぎると溶けないこともあるので、弱で溶けないのであれば少し温度を上げて試してみてくださいね。

アイロンがけをするときは、なるべくラミネートフィルムの端っこの方からアイロンをがけをします。

端からアイロンがけをすると、中心からかける場合と比べて、空気を押し出しやすく気泡が残りにくいです。

何度もアイロンをかけると、温度が低くても溶けてしまうのでやりすぎ注意です!

アイロンがけをしたら、ハサミで余分なところを切り落として完成です。

多少気泡は残りましたが、接着できましたよ!

アイロンでラミネートしてみた感想

家にあるもので簡単に出来るので、機械も買わなくて済むしお手軽だな!と思う反面、

やはり、機械と違って気泡が入ってしまうのが気になりました。

我が家では主に、子供のお気に入りの絵を残すのにラミネートを使います。

思い出の作品に気泡が残るのは少し悲しいかなと思うので、作品をラミネートするときは、一番気泡が入りにくかった100均のセルフラミネートを使おうと思います。

セルフラミネートの記事はこちら↓

ラミネートの代用方法!100均の透明テープやクリアファイルでラミネートっぽく出来る?
子供の紙のオモチャなどは、破かれがちなので、破かれないように予防したいと思いませんか?ラミネートすれば、見た目綺麗なんだろうけど、そもそも機械がない!わざわざ機械を買うまでもないし、安いもので代用したい!そ...

頻繁にラミネートを使う方の場合は、機械の方が綺麗に作れるので安いラミネーターを購入した方がいいかもしれませんね!

子供の図工やキッチンなどに貼るプリントなど、あまり重要度が高くないものなら全然ありな方法です。

ラミネートフィルムさえ購入すれば、家にあるものでラミネート出来ますからね。

まとめ

機械がなくてもラミネート出来ると、色々使えて便利ですね。

今度は、この方法で押し花などをラミネートしてみたい思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
100均キャンドゥ雑記
スポンサーリンク
ななのをフォローする
ゆる育ライフ
タイトルとURLをコピーしました