【100均グッズで】パネルヒーターの掃除の仕方とは?

100均
この記事は約5分で読めます。

寒冷地にはよくあるパネルヒーター。

掃除ってしたことありますか?

ななの
ななの

引っ越してから3年。

一度も掃除してません!

よく見ると意外と埃がくっついているんですよ。

色々調べてみたんですが、専用の掃除グッズって見当たらないんですよね。

そこで、100均の掃除グッズで掃除してみました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パネルヒーターの掃除道具は?

私が購入したのは、セリアの隙間クイーンスティックです。

この写真では、クロスが1本しか付いてませんが、本当はクロス2本付きです

スティックの長さは45cm。クロスの長さは30cmです。

クロスは洗って繰り返し使用出来ます。パネルヒーター以外にも色んな隙間の掃除に使えるので、コスパいいですよね!

洗濯機の下や、テレビの後ろなど埃が溜まりがちな所にも使えるので、便利ですよ!

スティックの長さが45cmなので、それよりは高さがあるパネルヒーターの場合は、アルミの針金が使えそうです。

もちろん100均で売ってます。

私は、ダイソーで購入しました。

パネルヒーターの掃除の仕方

早速、パネルヒーターを掃除しようとしたところ

ななの
ななの

中の針金の先端に付いてるキャップが太すぎてパネルヒーターの穴に入らない!!

パネルヒーターの隙間って意外と狭くて細い棒じゃないと入らないんですよね!

ということで、ペンチでキャップを取りました。

先っぽのキャップを取ると、パネルヒーターの中に無事入りました!

これで埃が取れてキレイに出来るはず!!

が、しかし!クロスの長さが30cmしかないので、パネルヒーターの下まで届かず、、、。

セリア以外の100均にも行ってみたんですが、同じくらいの長さか、もっと短いのしかありませんでした。

と言うことで、アルミ針金を使います。

アルミの針金なので簡単に伸ばせます。

この針金にさっきのクロスを取り付けてます。

クロスが取れないように、先を少しだけ曲げました。

これだと、パネルヒーターの下まで掃除することが出来ましたよ。

また、100均の商品ではないのですが、山羊毛のブラシも埃が取りやすいようです。

全長はブラシ部分も含めて約70cmあります。

ブラシ部分は約49cm。先端部分の直径は約3mmです。

先端部分から後端部分までは、直径約2cm→約6cmです。

気になる方は試してみてくださいね。

パネルヒーターの埃溜まりの予防策

どうしても冬場は埃がたまってしまうので、せめて夏場だけでも埃がたまらないようにすると、掃除が楽になります。

粘着力の弱い紙テープを貼ると、埃が入りにくくなり、尚且つ剥がすときも楽です。

しかし、糊が残ることがあるので、少しだけ貼って試してみてからにしてくださいね。

まとめ

面倒くさいパネルヒーターの掃除。

放っておくと後々大変なので、汚れが軽いうちに掃除した方がいいですよ。

↓ケノンのパネルヒーターはお手入れも簡単なのでオススメですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
100均掃除
スポンサーリンク
ななのをフォローする
ゆる育ライフ
タイトルとURLをコピーしました