松ぼっくりを水につけると閉じるのはなぜ?実際にやってみた!

実験
この記事は約2分で読めます。

道端に良く落ちてる松ぼっくり。

子供が喜んで拾ってきますよね♪

そんな松ぼっくりですが、水の入った容器につけておくと、開いていた松ぼっくりが閉じるのは知ってますか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

そもそも松ぼっくりって何?

よく見かける松ぼっくり。

そもそも、松ぼっくりって何なのか知ってますか?

「松かさ」や「球果」とも呼ばれるのですが、その正体は、果実なんです。

意外ですよね!果実なので、松ぼっくりの中にはちゃんと種が入っているんですよ。

そんな松ぼっくりで実験をしてみました。

松ぼっくりを水につけてみる

材料

  • 松ぼっくり
  • 松ぼっくりが入る容器

早速実験してみました。

水に入れる前の松ぼっくりの写真を取り忘れてしまったので、水につけてないのと比べてみました。

上の2個が水につけてない松ぼっくり。

下の容器に入ってる4個が水につけている松ぼっくり。

水につけた方はしっかり閉じているのが分かりますよね!

水から出してみるとよく分かります!

左2個は水につけてません。

右4個が水につけた松ぼっくりです。

なぜ松ぼっくりは、水につけると閉じるのか?

松ぼっくりを水に入れると何で閉じるんでしょうか?

その秘密は、松ぼっくりのカサにあります。松ぼっくりのカサは外側と内側で異なる繊維で出来ているんです。

松ぼっくりが乾いているときは、外側の繊維が縮むので、松ぼっくりが開きます。

逆に雨が降って濡れてしまうと、カサが閉じてしまうんです。

恐らく、雨から種を守ってるのでは?と考えられているようです。

閉じた松ぼっくりを開かせるには?

水に濡れて閉じてしまった松ぼっくりを開かせたいときは、また乾燥させればカサが開きます。

開いたり閉じたりするなんて、面白いですよね♪

まとめ

面白いので、子供と一緒に実験してみてください。

実験が終わったらリースなんかにするのも良いですよね♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
実験
スポンサーリンク
ななのをフォローする
ゆる育ライフ
タイトルとURLをコピーしました