子供の靴紐を結ばない方法は?「レースロック」で解決!!

育児
この記事は約2分で読めます。

低学年の子供や幼児には難しい、靴紐の結び方。

でも、走り回るからすぐにほどけてしまうし…。

マジックテープの靴を選べばよいのですが、子供の好みの出てきてなかなか難しいですよね。

何度教えてもなかなか上手に結べない子供には、結ばなくてよい靴紐オススメです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

結ばない靴ひも、「レースロック」は子供の靴に最適!

今まで小1の息子にずっとマジックテープの靴を履かせていたのですが、先日お下がりで紐のタイプの靴を貰いました。

何度教えても、結び方が覚えられないので、良い方法がないか調べたところ、レースロックと言うものを発見!

早速取り付けてみました。

結ばない靴ひも、「レースロック」の取り付け方

紐の取り付け

必要なのは、ヒモと部品が2種類。

まず、靴紐を通します。

紐の取り付け

次に、丸い部品にヒモを通します。

この時、ヒモの長さを切って調整してください。

最後に、ヒモの端にもうひとつの部品を取り付けて完成です。

(ヒモを挟んで、部品を半分に折りたたむ感じです。)

完成

簡単に取り付けれました!

結ばない靴ひも「レースロック」だと靴が選びやすい

レースロックを知ったことで、今後の靴選びで「ヒモだから買えない。」と悩む必要がなくなります。

選択肢が広がるのは嬉しいですね。

結ばない靴ひも、「レースロック」は色も豊富

私が買ったショップはレースロックは色が20種類!!

これだけあれば悩んでしまいそう。


靴と色の組み合わせで楽しめます。

まとめ

ほどける心配がないし、締め付けの調整も、子供が自分で出来るので助かります。

ただ…、子供の動きにどこまで耐えられるのか?が一番の心配です。

それは追々また書こうと思います。

追記 (2020年7月31日)

取り付けてから、4か月ほど履いていますが、今のところ取れることもなく問題ありません。体育の授業や公園遊びなど思いっきり走り回っても大丈夫でした!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
育児
スポンサーリンク
ななのをフォローする
ゆる育ライフ
タイトルとURLをコピーしました