玄関ドアに、towerの2wayマグネットマスクホルダーをつけてみた。【レビュー】

収納
この記事は約15分で読めます。

マスク生活が日常になって、マスクが常に玄関にあると、生活感丸出しになりませんか?

ななの
ななの

生活感丸出しの玄関を何とかしたい!

そんなわけで、towerの2wayマグネットマスクホルダーを購入。使い勝手をレビューします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

towerの「2WAYマグネットマスクホルダー」

今回購入したのは、シンプルでおしゃれなデザインで有名な、towerの2WAYマグネットマスクホルダーです。

縦長の形なので、スリムで邪魔になりにくいです。

本体のサイズは、12×7.5~14×22cmです。

一般的なマスクが入るサイズです。

材質は、ABS樹脂です。

30枚のマスクを収納できるようです。

towerの「2WAYマグネットマスクホルダー」の特徴

このマスクホルダーは、マグネットでスチールの扉にくっつけれますが、置いても使えるんです。

上側からマスクを取り出せます。フラップ式で斜めに開くので取り出しやすいですよ。

玄関ドアにつけた時は、本体の下側からマスクを取り出すことも出来るし、上を開けて取り出すことも出来ますよ。

towerの「2WAYマグネットマスクホルダー」 の色やサイズの種類は?

色は、白と黒の2色です。

また、サイズは一種類ですが、横型のタイプもあるので、マスクの大きさや種類によって、

色や形で変えるのも分かりやすそうだと思いました。

ただし、横型のタイプだと材質がABS樹脂ではなくスチール(粉体塗装)の為、違いが気になる方は注意してくださいね。

横型のタイプはこちらです。↓

こちらのタイプも上から取り出せますが、上が蓋になっているので蓋を外さないとマスクを取り出せません。

蓋をわざわざ外さないと取り出せないのが使いにくく感じますが、蓋の上にハンコや鍵などの小物が置けるようになっているので、玄関のドアにくっつけて使うのであれば、使いやすいかと思います。

耐荷重は500gなので、鍵とハンコを置く分には充分です。

下は縦型と同じく、一枚づつ引っぱり出せます。

towerの「2WAYマグネットマスクホルダー」 の使い心地は?

玄関ドアに貼ってみました。

大人用の普通サイズのマスクと、子供用のマスクを入れるのに、2個並べてみました。

マグネットはしっかりくっつくので、ドアの開け閉めでもズレることはなさそうです。

耐荷重は約1キロです。

横に並べると見た目がすっきりしますね。ただ、取りやすさを考えると、大人用は上で子供用を下に付けた方が使いやすいかもしれませんね。

マスクを入れてみます。

私が使用している大人用のマスクは、個梱包ではなく60枚くらい入っているマスクです。

マスクのゴムが折りたたんでない状態で箱に入ってるので、マスクホルダーに入れる際に一枚づつゴムを折りたたまなくてはいけません。

面倒なので、折りたたまずにいれてみました。

そのまま入れるとゴムがマスクホルダーからはみ出て、挟まってしまいます。

勿論下からも取り出すことはできない状態に。。

紐だらけでマスクが見えない

使ったマスクのサイズは17.5×9㎝なので対応サイズの19×10.5㎝以内です。

マスクのゴムを一枚づつ折りたたんで入れてみると綺麗に収まりましたが、毎回折りたたむとなると少し面倒ですね。

折りたたむと綺麗に収まります!

そして、マスクのゴムを折りたたんむとその分厚みが出るので、ギリギリの枚数までマスクを入れると取りづらくなりそうなのも気になりました。

なので本来は30枚まで入りますが、余裕をもって20枚程度で使用しようと思います。

紐を折りたたむのが面倒な人は、先程の横型のマスクホルダーの方が良さそうです。


また、このタイプの立体的なマスクだと、横のサイズが大きいので、マスクホルダーからはみ出てしまいました。

サイズは21×8cmです。

横幅が大きめです。
 

マスクを入れる際は、対応サイズの確認必須です!

まとめ

生活感がよくでる玄関。マスクホルダーにするだけで玄関がスッキリしますよ。参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
収納
スポンサーリンク
ななのをフォローする
ゆる育ライフ
タイトルとURLをコピーしました