【防災グッズ】尾西食品のアルファ米のおにぎりってどうなの?実際に食べてみた

食べ物
この記事は約9分で読めます。

前回、防災用に簡易トイレを購入しました。

【100均】ダイソーで防災用に簡易トイレを購入。3種類比較レビュー
最近地震が多くて不安ですよね。万が一のために、防災グッズの見直しをしてみました。防災用の水や食料は用意できているのですが、防災用のトイレを後回しにして購入してなかったんですよね。トイレって意外と重要ですよね。...

簡易トイレは準備したものの、災害があった場合は、もちろん食料も必要ですよね。

そこで、尾西食品の携帯おにぎりも購入してみました。

実際に、通常のお米と比べてどうなのか?検証してみます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

尾西食品の携帯おにぎりとは?

防災時に便利なおにぎりです。

何が便利かと言うと、水かお湯を入れるだけで、握らずにおにぎりが出来るんです。

災害時は、色々なものが不足するので、水だけでおにぎりが出来るのはいいですよね。

ただ、袋に入ってるだけのお米が、握らずに本当におにぎりになるのか?半信半疑です。

ちなみに、尾西食品は亀田製菓のグループ会社でした。味が期待でききそうです!

尾西食品の携帯おにぎりの種類は?

私が購入したのは4種類です。

  • 塩昆布
  • わかめ
  • 五目おこわ

どれも、食べやすそうな味です。

尾西食品の携帯おにぎりは何年持つの?

5年間保存可能です。

5年も保存可能だと、賞味期限のチェックもめんどくさくないので、助かりますよね。

尾西食品の携帯おにぎりの作り方は?

早速、おにぎりを作ってみます。

水かお湯で出来るのですが、災害時はお湯が出るか分からないので、水で作ってみます。

ちなみに、お湯だと15分、水だと60分で完成します

塩昆布好きなので、このおにぎりを作ってみます。

始めにパッケージの表面に貼っている、白いシールを剥がします。

赤で囲った部分で、中が見えるようになりました。

次に、上の切り口を開けて、中から脱酸素剤を取り出します。

底を広げて、中に水を入れます。

赤丸で囲ったピンクの線まで水を入れます。約67ml位です。

水れ入れたら、20回程振ります。

後は、1時間放置するだけ。

1時間たつと、お米が水をしっかり吸収していました。

おにぎりの上部にある切り口を開けます。

左右の切り口も開けます。

全く握らずに、おにぎりが完成!

握ってないおにぎりだと、食べるときにボロボロ崩れるんじゃないの?

なんて思ってましたが、意外としっかりしています。

ビニールをめくっても崩れません。

お米は少し硬めですが、そこまで気になりません。

味ですが、日常のご飯としては進んで食べたくはありませんが、災害の場面などで食べるのであれば、十分なだと感じました。

お湯で作ったら、もう少し食べやすかったのかもしれませんね。

それと、1つ不満が。

おにぎりの下半分が袋からなかか出ないので、スプーンなどですくって食べることになります。

防災グッズに、スプーンや箸も忘れずに用意しようと思いました。

まとめ

5年も保存できて、味も保存食としては十分でした。

家族の分用意しておけば、いざというとき慌てなくてすみますよね。

また、少し多めに用意しておくと安心です。

5年後も、また購入しようと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
食べ物
スポンサーリンク
ななのをフォローする
ゆる育ライフ
タイトルとURLをコピーしました